葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会



『優しさに勝る強さなし』

大部分の子供達は母親を父親以上に慕います。 優しさから生まれる信頼からです。現代は耐え忍ぶの美徳が必要のないほど世の中が平和であり、人々が保護されています。しかし、厳しい人間も、実は優しさにこそ安心し、なびくのが自然なのです。多数決を取って見れば、一目瞭然。

ながら、それを危うく感じる者も同時に存在することを知るべきでしょう。優しさが、堕落に繋がる恐れも見て知っているからなのです。そこで必要な教えは個人の独立であり、自信を持つことの薦めなのです。自信、正に自分を信じることです。自分を信じることこそ独立への第一歩です。

その考えを持ち始めたのは僕が小学生の高学年時に母に楯突き、反抗した時の事、母は“例え、親が親足らずとも子は子足るべきだ”と云うのです。それは親の言い訳ではないのか。とは思いながらも何処かで納得した自分もいました。それから更に歳を経てその言葉を何度も繰り返しました。対象が親から教師、先輩から上司と遷って行く中でその言葉はさらに変化し、人は人、自分は自分であると信じる独立自尊の心が育ったように思います。母は力で押し付けず、自分の弱さを曝け出し、僕を諭したのでしょう。

強い力に引きずられ、押しつけられる以上に、優しさこそ実は強さであるのかも知れません。

2010年7月21日

一風



 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾