葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会



『ヒーローは元気と勇気の源』

友人の甥に面白い子がいます。丁度僕が少年期(昭和20年代で1940年代後半)に 子供向け雑誌:おもしろブック.冒険王.少年画報などの“赤胴鈴之介”や”イガグリ君“ ”少年王者“ “砂漠の魔王”などの英雄=ヒーローから受けた影響と同じように今の子はテレビのアニメ.ヒーローから勇気と元気を貰っているようなのです。ある日のこと、悪戯が過ぎ何かの拍子で思いっきり戸が外れ大きな音と共に回りの物を壊したのです。普通子供はそんな時驚き、泣きながらママに抱き着き許しを乞うものですが、その子の即座に取った行動は:“ヒーローのポーズ”を取り“オレは強い。だから呵られても恐くない”と云う呪文だったのです。ヒーローのポーズを取ることに拠って弱い自分を支え強くなったのです。

大人なった人もこの子のように困難な問題に直面し、心の中で萎える自分をヒーローのポーズを取ったり、ある種の呪文を唱え支えているのではないでしょうか。幾つになっても人間は支や、どこかで拠り所を必要とするのです。

この“男を売る5歳の保育園児”どうした訳か男性観が変わっており、ある日その子のママが保育園の先生から聴かされたことは『お宅の○○ちゃんに何故他の子のように先生を好きと云ってくれないの』と聞くと、答えは『だってオレは男だから簡単に好きとは云えない』と云ったそうです。その子を見ている同じ保育園の友達がママへチューをしなくなったので、その理由をママが聴くと『だって、○○ちゃんはそんな事しないもの』と答えたそうです。きっとその子には○○ちゃんをそのようにヒーロー視しているのでしょう。ある種規範としてヒーローもヒロインも子供にも大人にさえ欠かせないものなのです。今その子を占領している考え方は強い男とその男振りなのでしょう。何れその子が描いている対象を具体化して行く作業に入るのか、それとも成長と共に移り変わって行くのか、何れにしても憧れから勇気と元気を貰えるなら大変好ましいことです。

かく言う僕もこのような話を聞き、仕事でのアニメ制作に誇りを感じたり、道場において青少年に武術指導をする事にやり甲斐を実感したり、それを支えに生きているのです。支えを必要としない人間は僕の知る限り地球上に存在しません。それほどにヒーロー教育は必要なのです。アニメも空手の道場も強く元気な子供を作るメディアです。だからこそ、ヒーロー教育にはいっそう力を注ぎたいのです。

今も昔もヒーローは元気と勇気の源なのです。

 

 

2010年2月26日

一風



 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾