葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会



『教育.教えとは』

今回は封建時代終盤と以後の日本における教育を、また僕の独断と偏見をまじえ顧みる試みを致しました。

封建時代には一般国民の教育は認められておりませんでした。しかし、教育が必要なことは今も昔も変わりはありません。したがって一般国民が子弟に与えた教育は専ら(もっぱら)家庭での躾(しつけ)でした。躾とは書いて字の通りで、身を美しくする事だったのです。

一般に教育と言うものが認められた明治時代から昭和の初期迄家庭内での躾は大変厳しいものがあったのです。昭和も戦後になり人心も移り変わりする中、家庭での躾も同時に希薄になって行ったのです。親は両親ともに働く家庭が増え、何から何迄学校で賄っ(まかなう)てもらう的な方向に移って行きました。
しかし、古い家風の所では変わらず伝統的躾がまかり通って居たのです。
男子は男子として男らしく。女子もまた同様に区別された作法が課されており、
封建時代の置き土産的に子供にとっては大変不都合であり、不自由なものでした。が、とは言え今考えるにそれは懐かしくも規律や秩序を意識する尺度であったように感じます。

封建時代の終わりに、思想家であり教育者として名を残した人の中に吉田松陰が居ます。松陰は新しい日本を作る原動力となった多くの人材をその塾(松下村塾)から排出しました。では、その塾は何年存在したのでしょう。正味一年半の短期間であったそうです。そこでの主な教えは思想であり、世界の成り立ちや、ものの見方や考え方であったと言います。封建的でありもっともConservative(保守的)であった侍や士族の若者の心や目を開かせ勉学の方法を説いたのです。先ずは塾生の学問に向ける心を開化させ、その道標(みちしるべ)とし、後は各々が独学で学問を実践して行ったのです。そうこうする内に明治維新を迎え、勉学の方向性を与えつつ、実教育の場となって行ったのが教育者であり思想家でもあった福沢諭吉の慶応義塾大学、大隈重信の早稲田大学を筆頭に六大学と言われた学び舎なのです。

昭和も17年生まれの僕がまだ小学生や中学生の頃、学士の志を持って大学生は意気盛ん(希望に満ちた心構え)でした。自分が学ぶ学校の校風や、その志しをいま学ぶ学問以上に熱く語り聞かせてくれたものです。それを見聞きし、子供心に憧れと刺激を感じたことは確かです。東大生は東大生らしく、早稲田の座布団帽も慶應のフライパンも正に独自の雰囲気に満ち溢れていました。今や聞く事もなくなってしまったカレッジソングも校風を表すメディアの一つだった良き時代です。

昭和も僕が高校生になる30年代には残念ながら意気盛んな大学生は減り、何か実ばかりが優先される風潮になって行ったように感じました。教育への夢が感じられなくなったのです。東大生、早稲田、慶應もその校風や志しで行くのではなく就職の為感が強くなり同時に東大生、早稲田、慶應生の独自性も失われて行きそこに残ったのは一律にお勉強好きな魅力に欠けた学生だけだったように僕には感じられたのです。
この人は東大生ではない。慶應生はこうではなかった。早稲田は偏にばんからで、何処か善良な学徒だったとの思念がどんどん増幅して行き自分の進学への道を揺らしました。そんな折友人の紹介でお茶の水の文化学院の創設者である西村伊作院長にお目に掛りました。まだ高校生であった僕に、それも単独での面談に応じて頂き院長室で教育とは全く関わりないお話をしていただいたりと、快く時間をさいて下さったのです。
当然翌年には文化学院へ入学したのは言うまでもありません。
入学後も更に院長のお部屋をお尋ね、お話をうかがったのです。授業も他は省いても院長のお話のあった土曜教会だけは欠かしませんでした。そんな訳で現在に至るも僕の思想のCore(軸)になっているのは西村伊作院長と文化学院で受けた影響なのです。そしてそれを誇りに思っています。

現在、僕は空手道場で当然空手を教えておりますが、弟子には同時に自分が若い頃受けました教育の一環である考え(教え)も伝えております。教育とは、何でしょうか。それは思想であり誇りになりうる躾そのものかも知れません。学問以前の志しだと今もなお思うのです。葉隠塾はそれを与える場でもありたいのです。

2008年 暮れ



 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾