葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会





『風、林、火、山』

孫子の兵法より機先を制する戦法に風、林、火、山があります:-

『故に兵は詐を似って動き、分合いを似って変を為す者なり。故に其の疾きことは風の如く、其の徐かなることは林の如く、侵略することは火の如く、知り難いきことは陰の如く、動かざることは山の如く、動くことは雷の震うが如くにして、郷を掠には衆を分ち、地を廓むるには利を分ち、権を懸けて而して動く。迂直の計を先知する者は勝つ。此れ軍争の法なり』

上の文は既に何度も解釈がなされ、武田信玄が旗にも用い、その意味も充分に解説され尽くしています。今更ですが僕のこの言葉の解釈は下に記す通りです。

解釈
『戦略とは相手の弱点を見極め動くことにある。機を見付け動くと決めた時には疾風のように疾く。潜む時には林のように静かに忍び、侵略する場合は火となり、判断にしにくい場合は隠密に行動し、動かぬ時は山のように、動く時には雷のように地響きを立てながら動く。領地を掠奪するには其処へ味方を散らし領土を広めるには従う者へ利を与え欲を促し行う。これ全て相手の出方を察知する能力があればなし得る。これが戦いの法則である』

解説
このようにビジネスにも先読みの判断が大切です。されど確信なく行動を興すのにはリスクが多過ぎます。静かに潜行しことを進め、情況を見定めながら時期を計り、動かぬ時はガンとして動かず、動くと決めたらいきなり疾風のように敏速に、火のように侵略し、雷のように天地を震わせ動かれたら相手側は止めようもありません。恐ろしい事です。マーケットの奪い合いも領土の侵略も変わりはありません。我々人間は自然に生きる動物の生態から学ぶべき事はいくらでもあります。悪い言葉で表現するならば弱肉強食は世の習い。故に仁.義.礼.知.信.と言う徳が人間には問われるのです。例として乗っ取りに成功した組織がその経営に失敗した例はいくらでもあるのがそれなのです。勝ちは全ての勝ちではない事も知らねばなりません。もしかすると勝ちを得ることは手段さえ選ばなければ難しい事ではないかのも知れません。相手を征圧した後”利を分ち”活かすことこそ孫子の言う勝利なのでしょう。

2008年9月末日



 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾