葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会

『武士道と日本人とその生き方 』

◎プロローグ

外国でその地の教育者に日本の宗教教育について問われた新渡戸稲造はそれが日本にないことに気づき愕然としたと言う。そして宗教に変わる道徳の教えを担っていたのが武士道と封建制だったことを改めて自覚したのです。武士道イコール”サムライ”と連想するのが一般的ですが良く知ればそれが武士や武家にだけ施された教えではなかったことがわかります。封建制が武士道精神を更に一般国民が受け取り易い状態を作り出して行ったのです。そしてそれが日本人に倫理や道徳感を植えつけて来ました。

封建制が消えて行った現代に至るまでどのようにそれが受け継がれて来たかを振り返って見ましょう。先ずは国内よりも明治維新をきっかけに夢と希望を持って海外に出て行った移民に目を向けて見ましょう。封建制の中で虐げられながらも確固たる誇り、倫理や道徳観を育んで来た人々が外国に出る心構えの”誇りと恥の精神”はきっと我々の想像を絶するものがあった事でしょう。それは日本人移民の何世かが後に語った日本精神からもその祖先がどうであったかが偲ばれます。だからこそ現在も外国に”武士道・サムライ・大和魂”が知れ渡ったと僕は思っています。更に国内で国を守り成長させる為に努力して来た日本人もその気概においては海外に出た人々同様その精神において劣るところはありません。いまも尚それは若者に引き継がれていると僕は信じるのです。誰かが最近言った言葉が気になります。日本人の皮を剥けば出て来るのは”サムライだ”というのです。それを聞き、何か嬉しくなりました。表にはそんな精神を全く感じさせない若者でさえ長年DNAに組み込まれたそれを無意識の内に確かに引き継いでいて全く自然に出てくるのです。しかし、それも今では薄くなりつつあります。僕はそれを危惧し、今の若者にもまたその親御さんにも武士道の精神を今一度アップデート(更新)して欲しい思いから今回よりこれをシリーズとしてその都度エピソードを交えて載せて行きたいと思います。これからいっそう皆様のご支援とご意見を頂戴したいと思います。

 

 

2010年3月12日

一風

 

 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾