葉隠流 宗家葉隠塾空手道葉隠塾

葉隠塾 道場案内
  道場訓
理念
歴史
選手紹介
動画
練習、スケジュール、料金
Joining Our KARATE school
お知らせと広報
塾長紹介
  塾長紹介
武士道
出版本
コラム
空手道教範と思想
一門会
  一門会






『義を正す難しさ』

“小さな親切大きなお世話”と云う言葉があります。
求めていないアドバイスをいただく時、アドバイスを与える方は善意であっても受ける方は必ずしも有り難いとは思いません。

ある日、ある俳優さんがテレビで親父狩りに付いて話していました。
その人は町なかでウンコ座りをしていた若者に、”おい、みっともない座り方してるんじゃーないよ”。と、たしなめると、云われた相手は血相を変え立ち上がり暴力行為に出たのだそうです。それに驚き咄嗟に逃げ出してしまった自分も許せなかったのでしょうその事情を他の出演者に語ったのです。称して”親父狩り”に合った。と云うのです。果たしてその通りでしょうか。行儀は確かに悪かったのでしょうが誰にも迷惑をかけておらずいきなり知らない人から座り方の注意を受ければ普通傷付くのではないでしょうか。そこで暴力に及ぶことは言語道断ですが、云いたいことを云いその上逃げ出す方も不覚悟です。何の覚悟もなく、ただ気分で注意して良いものか。反抗されても毅然と受けとめ、もし自分が非力であるならば殴られる覚悟もすべきです。それまでは誰にも危害を与えていない相手もその時点で間違い無く加害者になる訳で、被害者は当然法律の保護が受けられる立場となります。怪我をさせられれば法に訴えることも出来ます。腕に覚えがあれば迎え撃つことも出来るでしょう。しかしそれではただの喧嘩と云うことになりどっちもどっちで両成敗になってしまいます。事の発端は俳優さんの過剰な正義感から始まったように感じます。その行為が如何に正義であっても一般の市民が正義の使者を気取ってはなりません。人には受け入れ難く、更に ”義を見てせざるは勇なきなり”の武士道を発動すべきことでもなく、単に余計なお世話となります。人様を諭すからには先ず如何なる反応も想定し、対処する覚悟がなければなりません。特にこの場合の相手は三者に不快感は与えていたとしても被害の事実はないのです。例えを変え、その相手が割り込み男だったらどうでしょう。10分も20分も待って並んでいた自分達を無視して割り込みをした男に『みんな正しく並んでいるのですから貴方も後ろに回って並んで下さい』。と勇気のある方が云ったらどうでしょう。割り込み男は諭した方に殴りかかるでしょうか。それでは正に発狂です。“うるせ〜な〜。偉そうに”くらいの捨て台詞は極まり悪さで吐くかも知れませんが、そのままそこを立ち去るか大人しく並ぶのでは無いでしょうか。並び待っている全ての被害者を敵に回すようなことは尋常な人間ならば考えません。このような義の正し方ならば武士道の発動と云えるのです。人の正し方や諭し方は非常に難しいことです。

2008年7月  塾長 成嶋弘毅 






 
(C)Copyright yoin-juku All rights reserved.
葉隠流 宗家葉隠塾  空手道 葉隠塾